うさぎさん のすべての投稿

金魚の飼育係

私は小学校五年生のとき、金魚の飼育係になりました。金魚は二匹いて、赤い方はアカちゃん、白い方はシロちゃんという名前でした。アカちゃんとシロちゃんはとても仲良しくて、いつも一緒に泳いでいました。私はアカちゃんとシロちゃんが好きで、毎日水やりや掃除をして、一緒に遊んでいました。

ある日、私はアカちゃんとシロちゃんと遊んでいるときに、ふと気づきました。アカちゃんとシロちゃんの水槽の中に、小さな卵がたくさん浮いているのです。もしかして、アカちゃんとシロちゃんが親になったのではないかと思いました。私は先生に相談しましたが、先生も金魚の繁殖については詳しくないと言いました。先生はインターネットで調べて、金魚の卵の世話の仕方を教えてくれました。

金魚の卵は、水槽の中にそのままにしておくと、親の金魚に食べられてしまうことがあるそうです。だから、卵を別の水槽に移して、温度や水質に気を付けなければならないそうです。私は先生の指示に従って、卵をそっとすくって、別の水槽に移しました。私は卵の世話を一生懸命しました。

数日後、卵から小さな金魚が孵りました。金魚の赤ちゃんはとても小さくて、まるで透明な糸のようでした。赤ちゃんはまだ泳げなくて、ずっと水槽の底にいました。私は赤ちゃんに特別な餌を与えました。赤ちゃんは少しずつ大きくなって、泳ぎ始めました。私は赤ちゃんにそれぞれ名前を付けました。赤い毛の子はアカリ、白い毛の子はシロリ、黒い毛の子はクロリです。私はアカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんの写真を撮って、クラスメートに見せました。みんなもアカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんが可愛いと言ってくれました。

アカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんは私の小学校生活の思い出でした。私は毎日アカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんに会いに行って、水やりや掃除をして、一緒に遊んでいました。アカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんは私にたくさんの楽しみと癒しをくれました。私はアカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんに感謝しています。アカちゃんとシロちゃんと赤ちゃんのことを忘れません。